20年ぶりの店

c0142550_2025677.jpg

ピカソ展を見てきました。
「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」が、国立新美術館で開催中です。
驚異的な創造力と制作力に圧倒され、その都度、横にいた女性の影響を多大に受ける人間味溢れる人だったんだろうなーって。
国立新美術館・・・いつの間にこんな立派な建物できたんでしょう・・2007年1月だそうです。
行きは六本木駅からでしたが、ほとんど乃木坂寄りだったので、ふと思い出しました。
20年位前に、しょっちゅう通っていた台湾(中華か?)料理屋さん「みんみん(珉珉)」は、この近く。
気くばりのきくママさんに、年の離れたご主人は、ニコニコしてお会計後にアイスや飴をくれたっけ。
カウンターの中の厨房は、台湾の若い男の子たちがフライパンをふっていて、
どの料理も安心できる美味しさだったなー。

住所もわからず、様変わりした乃木坂の街で、人に聞きながら30分探しました。
ありましたー。かわらぬ路地に。
相変わらずの大繁盛振り、活気溢れる店内。
6年前にご主人は亡くなり、二人のお孫さんが、フライパンをふっていました。
おいしい腸詰・ポリユームあるレバニラ・お酢と胡椒だけで食べる餃子、ごちそうさま。
近々再訪決定です。
[PR]
by kakipiy | 2008-10-09 15:15 | からだ
<< 冷えと食 友人 >>