エネルギー=脳脊髄液?

クリスタルメデュケーションヨガを受けた翌日のハタヨガでした。
その先生は、「背骨はエネルギーの通り道」をよく説明してくれる方なのですが、
いつもは頭では理解できるのですが、身体では今一わかりませんでした。
その日ポーズをとる前に、あぐらで座って、骨盤を立て背骨を引き上げ肩を下げていたら、
突然、背骨の中のエネルギー(気)の流れを感じる事ができました。
わざと背骨を曲げてみたり、左右に傾けてみると、感じることができなくなりました。
真っ直ぐ座ったり、立ち木のポーズではエネルギーを感じられますが、
色んなアーサナーでは、わからなくなってしまいました。

大地からのエネルギーが身体を巡って、天まで伸びる感じは爽快です。
自分の固い箇所・滞っている部位にもエネルギーを流して感じとりたいです。

この感じをカイロプラクティックの店をしてる旦那に話したら、
「エネルギーは、脳脊髄液のことなんじゃないか」って。
脳脊髄液は、神経の栄養素と言われるほどに重要な体液です。血管内に血液が通っているように神経内には脳脊髄液が通っています。脳から仙骨まで硬膜下を循環しながら、全身の末端神経まで流れていきます。正常体で、1分間に6~12回、脳から仙骨の間の硬膜下で循環していると同時に神経の栄養素である脳脊髄液は、末端の神経に流れていきます。

正解はわからないけど、身体は奥が深いし、おもしろいですね。
ヨガを深めていきたいです。
[PR]
by kakipiy | 2008-09-18 12:13 | ヨカ゜
<< バースデー クリスタルメディテーションヨガ >>