食堂

c0142550_9304152.jpg

引越し先で、食べ物やさんを探索しています。
年に一回も行かないようなおしゃれ系なフレンチ・会席・寿司屋が多いのですが、
ちょっと歩くと、大好きな赤ちょうちんがあります。
串焼きが全て100円なんて、素敵です。

入るのが躊躇われる雰囲気の食堂がありました。
勇気を出してゴー。
大きなテーブルが一つだけで、マスターが一人で営業されています。
近くの人が一人で来て、さくっと食べて帰る店のようです。
予想外に(失礼!)美味しいの。
旦那が頼んだロースかつは、サクサクで大きいのが二枚も。
野菜炒めは、てんこ盛り。皿から溢れそう(かなり濃い目の味付けです)
ハンバーグのデミグラソースは、ただものじゃないお味です。
自家製の梅干は、しょっぱいけど、まろやかさもあるし。
なんてったってご飯がおいしい。

特筆すべきは、マスターのキャラ。話だしたら止まらない。
開店して25年らしいですが、それ以前は銀座・六本木と店をやられていた人らしいです。
人生色々なのね。
NHK篤姫を見たくて、お客さんを15分待たせちゃう人です。
でも常連になっちゃうみたい・・・私たちも。
[PR]
by kakipiy | 2008-09-01 12:34 | 思う
<< 痛みの原因 婦人科検診 >>