一石二鳥 

更年期の不安な気持ちを払拭するために、75分のハタヨガに、毎日通いはじめて15日目位の出来事です。
筋骨格系の仕事柄、自分の身体の歪みは、よーく知っている。(例えば骨盤の前後左右の歪みとか、体幹の傾きとか)
取り立てて痛みはないので、放置状態です。
ヨガは、あくまで精神的なものを追及しているので、ヨガで身体をきれいにしたい、とは考えていませんでした。

朝、鏡で顔を見ると、左側のエラの部分の形がいつもと違う。
歯痛はない、リンパが腫れているわけでもない、突然ここだけに肉が付いた訳でもない。
気になってしょうがない。
気になる。
そのうち、ふと閃いた。
知識も必要と思い、愛読していた「いのちのヨーガ」望月 勇著のことを。
ヨガにより、アゴや歯のかみ合わせが、改善されると、確か書いてあった。

鏡の中の私を、よーく見る。
前歯の上の大きな2本の歯の中心と、下の2本の歯の中心が一直腺に揃っているのが、正しい咬み合わせです。
私の場合は、右側にずれていました。
当然左右の顎関節も、ずれていました。
と、ところが、ずれてないのです。
きれいに一直線にそろっているの。
右ズレしていた顎関節が正常になったので、左側のエラの形が変わったのです。
更に自分を観察する。
左側の口角が、右側に比べて大分下がっていたのも、治っているの。
もっとビックリは、左肩が右肩に比べて3センチほど下がっていたのも、治っているの。

ねじりのポーズにより、脊柱の柔軟性がでてきたり、体側を伸ばすポーズにより、肋骨間の筋肉が柔軟になってきて、これらが改善されたと思います。
身体は全部、繋がっています。顎関節にも口角にも、いい影響がでたのでしょうね。

イヤー、心を求めて始めたヨガで、こんなにいい事があるなんて。
この先、何が起こるか楽しみ。

ところが、起こったのです。
つづく
http://blog.with2.net/link.php?552672
人気ブログランキングへ

ママが好き
c0142550_1492094.jpg

[PR]
by kakipiy | 2007-11-06 14:10 | ヨカ゜
<< 探し物はなんですかぁ エレファントマン膝 >>