「ほっ」と。キャンペーン

ごめんね、くるみ

c0142550_1048255.jpg

あっという間の年の瀬です。
なんだか随分ご無沙汰しちゃってました。
私は元気溌剌。ヨガにジムに飛び回っています。
素敵な楽しい年でした。
しかし・・・
12月に大変なことがありました。
全て私の不注意なのです。

くるみちゃんが、玩具にして遊んでいた紐を食べちゃいました。
1メートル位のビニール紐を束ねたのを、
投げたり・咥えて取ってきりして遊んでいのですが、
13日の夜に見たら15センチの残骸しかないのです。
まさか食べたなんて思わないから、
次の日に家中探しました・・・ない
くるみは元気・食欲も旺盛。
その日の夜のうんちに10センチの紐の切れ端が混ざっていました。
やっぱり食べてしまったんだ。
かかりつけの獣医さんに連絡すると
「しばらく様子を見て、変化があったら直ぐに来てください」と。
一日置きの便に紐の切れ端が入っている。
お願いだから、思いっきり吐き戻して欲しい。

2年前の12月にも、ゴム手袋を食べて大騒ぎしたことがあった。
この時は二週間後に、吐いてくれました。

23日の夕食を四分の一残した。未だかつて無いことです。
元気がなくなってきた。
次の日の朝食は食べない。
これはおかしい。すぐに病院に連れて行った。
レントゲン・エコー・血液検査で、
大量の紐が胃にあることが判明。
腸にはガスが溜まっている。
ここの病院では対処しきれないので、
川崎の日本動物高度医療センターを紹介された。

五階建の7つも科がある大きな病院だ。
精密な検査の結果
胃の幽門部から十二指腸・空腸に紐がある。
胃が五倍程に膨れている。
一刻を争う状態。
内視鏡では取りきれないので、開腹手術になった。

2時間のオベ。
術後に内臓の写真をパソコンで説明を受ける。
無事に成功。一箇所メスを入れるだけで済んだ。

極度のビビリのくるみは、病院では食事ができない。
そのために2日後に退院してきた。
帰宅後は、少しだけど食べてくれました。
お薬も飲んでくれた。
二週間後の抜糸まで、カラーが邪魔だけど頑張ってね。

大事な大事なくるみちゃん。
元気になってくださいね。
c0142550_10484732.jpg

[PR]
by kakipiy | 2013-12-28 10:50 |
<< 熊野詣で ガリガリラウンジ >>