「ほっ」と。キャンペーン

アナフィラキシーショック

c0142550_16585724.jpg

主人が、風邪気味なので市販の薬を一日服用してました。
咳がでてきたので、以前病院からもらった薬に切り替えました。
8時半位に服用して、出勤です。

最寄の駅で「手のひらが痒い」と。
電車の中で「頭が痒い 背中が痒い」と。
寒いし、乾燥しているからね。

駅から歩いてたら「なんか喉が苦しい」と。
風邪ですからね。

店に到着して、看板を出しに行ったら
「痒い・かゆい、全身がかゆいよー」って。
顔から、背中から真っ赤です。
目も充血して、黒目まで色が変わってきました。
「息が苦しいー」。
「寒い・寒い」。

私、あせりまくりです。
とりあえず朝一の患者さんには、申し訳ありませんが、お断りの電話を入れました。
土曜日だから、病院やってるの?
救急車よぶ?

落ち着いて考えて、
以前私が行ったことのある内科が、近くにあったのを思い出し、
電話をいれたら、すぐに来てくださいとの事です。
このころには、主人の顔の形まで変わってきました。
薬をのんで30分しかたってません。
息もたえだえに、病院に到着。
すぐに、呑んだ薬のチェックと、。問診。

アナフィラキシーショックでした。
よく、蜂に二度刺されると危険と言うのは知っていましたが・・
今まで大丈夫だった薬でも、なるのですね。
抗生物質のオゼックスが原因みたいです。

喉のはれや痛み等を伴う気道閉塞で、呼吸が苦しいのです。
早々に、点滴をうちました。
これで効果がでなかったら、大きな病院に転送されます。
最悪の場合は、気道確保のために首を切開するそうです。

30分位で、状態が落ち着いてきて、発疹・かゆみは収まりつつあります。
目の充血・顔の歪みも取れてきました。
先生に「もう大丈夫だと思います」「腎臓に影響がでるかもしれないので、尿に注意してください」
「今度この薬を飲んだら死にますよ」と、注意をうけました。

無事に家に連れて帰ってきました。あーよかった。
今日一日は、ゆっくり寝かせます。

今日かたリラに予約していただいた患者さま、本当に申し訳ありませんでした。
明日は、元気な顔をおみせできると思います。
[PR]
by kakipiy | 2011-01-29 17:00 | からだ
<< もう春? 駅弁大会 by京王 >>