激まず

先日、仕事帰りに中華居酒屋さんに寄りました。
ラーメン好きな旦那と、お酒好きな私にはぴったりかな、なんて思って。
外から見たらテーブル席に、サラリーマンのグループが二組いました。
厨房に一人、お運びさんに一人の店内です。

メニューには、800円前後のおつまみメニユーと、10種類くらいの麺類がありました。

焼き餃子・チョレギサラダ・イカリングをオーダー。
いやー、どれも不味い。
サラダのレタスは茶色くなっているし、餃子の餡も皮もぐにゃぐにゃ、イカリングは衣ばかり。
でも我慢してビールで、流し込みます。

極めつけは、〆に頼んだタン麺です。
野菜の切り方は、どうみても素人・スープはだしはとっていなくて、ただ塩味。
びっくりすることに、スープがぬるい。
さすがの腹減り旦那でさえ、食べる事が出来ませんでした。

おばさんな私は、レジで言わずしては帰れません。
「タン麺がぬるくて、食べられませんでした」
「あんなぬるいの初めてです。信じられません」って。

お詫びを言われ、タン麺分の代金は摂られませんでしたけど・・・
やはり女性のいない店は、美味しくないですね。
半年後に、この店はあるかしら?
[PR]
by kakipiy | 2009-10-04 10:29 | 思う
<< 休日 化粧 IN 電車 >>