笑い

c0142550_15273080.jpg

なんともなしにTVをつけたら、お笑い番組をやってました。
うっちゃん・なんちゃんが司会で、お客さんを笑わせたら勝ち抜けとかいうの。
挑戦者たちは、名前は知らなくても、顔は知っている芸人たちでした。
お客さんの声とか反応もわかります。

見ていて全然おもしろくないの、くすっとも笑えない。

TVの中のお客さんたちは笑っているし、なんちゃんは腹かかえて笑っているの。
私の感覚が変なのか?
そんなことはないと思う。
本を読んで、声あげて笑うし、友達との会話で止まらなくなるくらい笑ってます。

M1も、笑えない。皆さんはまっている方も多いけど、私はだめ。

思い出してみて、過去で一番笑ったのはいつだったのだろう?
私の20代は、小演劇にどっぷりつかってました。
第三舞台・第三エロチカ(深浦さん、ご冥福を)・夢の遊眠社、面白かったです。
でもその中でも「ワハハ本舗」は、最高でした。
久本も柴田もまだTVにでる以前で、下北のすずなりとか駅前劇場で、はじけてました。
題名はさだかじゃありませんが、「お百姓さんミュージカル」すごかったです。
客席中、大爆笑。お腹いたい。思い出しても可笑しいです。

あんなに笑える漫才でも、芸人てもよいので、見たいです。
[PR]
by kakipiy | 2008-12-15 10:49 | 思う
<< きよ友 宇宙 身体 >>